ホームページ
> 外国人の方へ > 外国個人の方へ > 出入国
観光、親戚訪問査証(L字)
日付:2012-05-18 16:48

 

 

 L字査証は中国へ観光、親戚訪問或いはその他の私用で入国する者に発給する。

一、申請に必要な書類:

1、有効期間が6ヶ月以上で空白ページのある有効な旅券。

2、中国査証申請表(Q1)一部、2X2インチ寸法の近頃撮影された写真1枚(白黒、カラーのどちらでも結構,申請表に貼る)。

3、中国で生まれ、その後外国籍を取得した者は第一回目のビザ申請時に前に所有した中国のパスポートを提出する必要がある。もし申請者は外国籍を取得した期間が長くなった場合、新しいパスポートで古い外国のパスポートを更新した場合、元の古い外国のパスポートを提出し、その審査を受ける必要がある。

  • 数次査証を申請する場合、次のいずれかに該当する者:

(1)申請者は中国大陸の中国国民の外国籍を有する配偶、子供或いは両親でなければならない。結婚証明書或いは親族関係の公証書原文とコピーを提出する必要がある。

(2)申請者は中国国内に不動産を有する場合、本人名義で登録した不動産証明の原文とコピーを提出する必要がある。

 申請表に記入したものは、本当でない、抜かして埋める、筆跡は明らかでない場合、拒否されることと旅期を遅延される恐れがあるので、ありのままに、全内容に、はっきりと申請表を書き込むようにしてください。

二、申請手続き及び必要日数:

1、出願者は自ら或いは他人、旅行社、査証代理機構に依頼して、領事区劃によって管轄する大使館か総領事館に出願を申し出ることができる。ただし前もって予約する必要がない。

  *前もって予約する必要がない

  *郵便による申請を受理しない。

  通常の場合受理日の翌日から計算して4ワーキングデーとなる。急ぎ取り扱う場合:1ワーキングデーで発給される場合(お葬式、病人見舞い或いは緊急商務の者に限る)、別に30USドルの至急料金を取る。2-3ワーキングデーで発給される場合、別項にに20USドルの至急料金を取る。

 

三、査証代、有効期間と滞在期間:

1、現金、現金小切手、会社の小切手を受ける。

2、大使館に申請を申し出る場合、小切手の支払い先はChinese Embassy、総領事館に出願を申し出る場合、小切手の支払い先はChinese Consulateをそれぞれ書いてください。

3査証の料金基準

次数

アメリカ国民

その他の国の国民

一次のみ

50USドル

30USドル

二次

75USドル

45USドル

半年数次

100USドル

60USドル

一年数次

150USドル

90USドル

  一般の滞在期間は30日間とする。滞在期間30日を越える場合、査証出願表に特別に明記した上に、領事館の査証審査官の批准を得る必要がある。

四、注意事項

1、査証の有効期間、滞在期間と入国回数は領事館の査証審査官が中国の関連法律と定めに基づいて決定する。

2、領事館の査証審査官は中国の関連法律と定めに適合しない申請を拒否でき、またはすでに発給された査証を取り消す権利を持つ。

関連仕様

  ダウンロード用のものも有効的に利用できる。
  用紙はPDF書式なので、閲覧とプリンターをするときにAcrobat Readerソフトウェアの支持が必要で、無料でここをクリックしてAcrobat Readerソフトウェアをダウンロードすることができる。

中国査証申請表(Q1) 

  
以上の情報を更新する場合、当館の解釈を基準とする。




印刷する 閉鎖する