ホームページ
> 経済 > 投資 > 優遇策
優遇策
日付:2012-05-18 14:40

(一)、企業所得税

国は特別援助したり励ましたりする産業と項目に企業所得税優遇がある。

企業の以下収入は企業所得税を免除する。

1.国債利息収入。

2.条件に満たす民営企業の株式利息、配当金などの権益性投資収入。

3.中国内に機構、場所を設立した非民営企業は民営企業からこの機構、場所に実際関係がある株式利息、配当金などの権益性収入。

4.条件に満たす非営利性組織の収入。

企業の以下収入は企業所得税免除、控減である。

1.農、林、牧、漁業に従事した収入。

2.国家は特別援助する公共インフラ施設項目に投資し経営した所得。

3.条件に満たす環境保護、エネルギーと水の節約項目に従事した所得。

4.条件に満たす技術譲渡の所得。

5.本法第三条第三項規定の所得。

条件に満たす小型小利企業は、減税して20%の税率に基づいて徴収するとする。

国家は特別援助するハイテク企業には、減税して15%の税率に基づいて徴収するとする。

民族自治地域の自治機関は、本民族自治地域の企業が支払うべき企業所得税の地方に属する部分は、減税また免税することができる。自治州、自治県の減税、免税は必ず所在地の省、自治区、直轄市の人民政府の認可を得る。

 

企業の以下支出は、

1.新しい技術、商品、工芸品を開発する費用。

2.不自由者また他の就職者を安置して払った給料。

創業投資企業は国家は特別援助したり励ましたりする創業投資に従事する場

合、投資額の一定比例で所得税を抵当する。

企業の固定資金は技術進歩などの原因で、確かに折旧を加速する場合、折旧

年限を縮短する、或は折旧を加速する方法を取る。

企業は資源を総合的に利用して国家の産業政策に規定する商品を生産する場合、

所得税の支払いを計算する時、収入を少なくしてもいい。

企業は環境保護、節能節水、安全生産などの専用設備を購入する投資額は、一

定比例で所得税を抵当してもいい。

所得税優遇の具体方法は、国務院は規定する。

国民経済と社会発展の需要によって、或は突然事件で企業の経営に重大な影響

を与える場合、国務院は企業所得税専項優遇政策を制定してもいいが、全国人

民代表大会常務委員会に申し込むべきである。

国家は特別援助したり励ましたりする産業と項目に企業所得税優遇がある。

 

(二)、個人所得税

中国国内に設立された外国の投資企業や外国の企業に勤めている外国籍の職員は月収1600元を控除する。

(三)、利益

外国の投資家が外国の投資企業より得た利益は所得税の徴収を免除される。

(四)、設備輸入

『外国投資による産業ガイドラインリスト』の奨励項目で、投資総額以内の自社用設備(契約書による輸入技術および設備付き部品や備品を含む)は『外国投資によるリストにおける非免税輸入商品リスト』に並べられた商品を除いて、関税と輸入による増値税を免除する。

設立された奨励類の外国の投資による企業、外国の投資による研究開発センター、ハイテク企業と製品輸出企業の技術改造に対し、すでに許可された経営範囲以内にしかも中国国内で製造できないあるいは性能が需要に達しない場合、自社用設備とその必要となる技術、部品、備品の輸入は、『輸入設備税収政策を調整する国務院の通達』(国発 [1997]37 号)に基づいて関税と輸入による増値税を免除することができる。

外国投資企業が『国家ハイ・テクノロジー製品リスト』に並べた製品を製造するために自社用設備および契約による輸入設備付きの技術と部品を輸入する場合、国発〔1997〕37 号『外国投資プロジェクトの免税しない輸入商品リスト』という規定に並べた商品を除いて、関税と輸入による増価税を免除する。

(六)、再投資

外国の投資企業の外国投資家は、企業から取得した利益を再び当該企業に再投資し、登録資本金を増加し、或いは資本投資としてその他の外国の投資企業を設立し、しかもその経営が五年より少なくない場合、投資者の申請により税務局の認可を得て、再投資金の中にすでに納税した所得税の40%を返上する。

外国の投資者は中国国内で再び製品輸出企業或いは先端技術企業を設立、拡張した場合、国務院の関連規定により、再投資金の中にすでに納税した企業所得税を全額返上する。

 

(七)、固定資産の減価償却

固定資産は特別な原因で減価償却年限を短縮する必要が生じた場合、企業が申請を提出し、所在地の税務機関の審査を受けてから、行政機関の許可の各段階を経て国家税務局に報告し、その申請を認可される必要がある。その中に次のものを含む。

1、酸、アルカリなどにひどく腐蝕された機械といつも揺り動かして、振動する工場の建物とその他の建築物。

2 、使用率を高め、使用強度を強化するため、常時回転している機械や設備。

3 、中外合弁企業の経営期限は本細規則第三十五条の減価償却年限より短い、まして経営期限終了後、中国側出資者の所有に帰属した固定資産。

(八)、その他

科学研究、エネルギー開発、交通事業拡張、農林牧畜生産のためおよび重要な技術開発のために提供し取得した特許使用費用につき、国務院税務機関の認可を得て、減税して10%の税率で所得税をを徴収し、技術が先進的でかつ条件がと特恵な場合、所得税を免除することができる。

法人と個人が(外国の投資企業、外国の投資企業が設立した研究開発センター、外国の企業や外国籍を有する個人)技術移転、技術開発業務とこれらの技術に関わるコンサルテーション、技術サービスによる収入に対し、営業税を免除する。

外国の投資企業が輸入した『国家ハイ・テクノロジー製品リスト』が提示した先端技術に属した場合、契約書により国外に支払うソフト使用料について、関税と輸入による増値税を免除する。

当年度に中国国内で実際に発生した企業による技術開発費が前年度より10%(10%を含む)実質的に増加した場合、税務局の審査と認可を得て、当年度の技術開発費の実際発生額の50%を当年度の納税額に充当することが認められる。技術開発費の増加が10%以上に達した場合、実際に発生した金額の50%が当該企業の年度納税額を超えた場合、納めるべき納税額を超えない充当が認められる。超えた部分は当年度とその後の年度の充当が認められない。




印刷する 閉鎖する
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统